Informações e dicas: conjugação de verbo em japonês

X
Conjugar

日本語学習者向けの情報とヒント

日本語の動詞:基本

日本語では、形式張らない現在形の動詞の基本形は、通常「-u 」の音で終わります。例として:

  • べる
  • わた
日本語には、意味に影響を与えるために動詞に加えることができる接尾辞がたくさんあります。これらは礼儀正しさ、緊張、声(可能的、使役的、受身的)、ムード(命令的、意向的、仮定的)、動詞が肯定的か否定的かを表すのです。例として:
  • 「踊おどらせる」 の基本形→ おど
  • 「書かなかった」 の基本形→
  • 「読めました」 (敬語)の基本形→
しかし、多くのヨーロッパの言語と違って、日本語の動詞は人称・数・性を表す活用がありません(「私は食べる」、「あなたが食べり」、「彼が食べる」などはすべて「食べる」となるのです。)

現在形・過去形・て形

日本語の動詞は現在時制と過去時制の2つの時制をとります。現在時制は通常「-u」の音で終わり、現在または将来の意味を持つことができます。過去時制は「~た」または「~だ」で終わります。例として:

  • およ
  • およいだ
動詞には、文の途中や複合語の一部に動詞が出てくるときに使う「て形」という動詞の形もあります。これらの動詞は「~て」または「~で」終わりますが、特定の時制ありません:
  • (て形)
  • およいで (て形)

肯定・否定・敬語・話し言葉

ほとんどの動詞は、肯定(...する)または否定(...しない)の形をとります。例として:

  • べる (現在形の肯定)
  • べない (現在形の否定)
  • べた (過去形の肯定)
  • べなかった (過去形の否定)
動詞には敬語もあり、現在形の肯定の場合、「~ます」で終わり、例としては「食べます(敬語)」が挙げられます。これは、よく知らない相手や社会的地位の高い人、特定の社会的状況で使用される活用です。

可能的、使役的、受身的な動詞

日本語の動詞は、可能的な形(「...することができる」)、使役的な形(「...をさせる」)、受身的な形(「...される」)で活用できます。例として、動詞の「飲む」は以下のような活用となります:

  • める
  • ませる
  • まれる

動詞のムード(命令的・意向的・仮定的)

命令的なムードは日本語で命令を出すために使われる一方、意向的なムードは提案や意図を表現するために使われます。

  • (命令的)
  • もう (意向的)
また、日本語には「~したら」の意味を表す仮定的な動詞の形もあります。この場合、「-eba」と「-tara」の形はどちらも英語で「if…」と訳されるのです:
  • めば (-ebaの形)
  • んだら (-taraの形)

Publicidade
Publicidade